ニューレシチン2個セット

メタボリック対策に1役買います!

ニューレシチン2個セット【マイライフ -美容・健康店-】

最近注目の大豆レシチン生活習慣から来る様々な障害の予防に。
大豆レシチンには活性酸素を除去したり、コレステロ−ル値を正常にしたりと様々な要素が詰まっています。

レシチンは肥満の原因の1つ、脂肪の代謝異常を正常に脂肪を必要なところに
均一に分配長期摂取で肥満対策が可能です。

レシチンの主要成分であるリン脂質はカルシウムとの相性が非常に良いと言われてます。
ニュ−レシチンはカルシウム配合の大豆レシチンです。

■レシチンについてもっと詳しく

レシチンの一番大きな役割は「界面活性剤」としての働きです。
つまり、レシチンは「親油性」(油になじむこと)の働きと、
「親水性」(水になじむこと)の働きの両面の役割を持っています。

すなわち、レシチンの親油性の働きが、血管の内壁にこびりついた
コレステロールを溶けやすくしたり、細胞の中の老廃物を親油性と親水性の両方の働きにより、
血液の中に溶かし込んで血行をよくしたりします。
いわば、天然の「乳化作用」の役割をするのです。

このため、レシチンは細胞の重要な構成成分であるといわれるわけです。
このようにレシチンには界面活性剤としての作用や、生命維持のための基礎的な働きがあります。

■期待される効能

●コレステロール値を下げ、動脈硬化性疾患を予防し、胆石を防ぐ
●老化を防止する
●脳細胞の活性化を促すので、記憶力を増大させる
●神経細胞を活性化させるため、自律神経失調症、不眠症、神経衰弱、精力減退などを防ぐと共にこれらを回復させる
●肌を美しくし、皮膚疾患(シミ、ソバカス)を予防する
●女性のための特別食品として注目されており、ぜい肉をとり、肥満や妊娠中毒症を防止する
●高血圧、心臓病、肝臓病、糖尿病、血栓症、貧血症、腎臓病、不妊症などの予防や治療に有効である
また、抗ガン効果も確認された
●その他、各細胞への栄養補給に役立つ

ニューレシチン2個セット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。